ピッコロ頭部管 ニュータイプ その3

今まで
マスールバーチとデザートアイアンウッド
の2本で
新しいタイプの頭部管を作りましたが
いずれも
ほぼ形が出来上がっている物から作り直しました

今回は一から作り始めました
 ほぼ成形した状態で、内管、ジョイント、リング等を合わせます
仮合わせをしたところ
この後当たりを調整して接着します

リッププレート部分を削り出してから
歌口穴を開けます
木部と銀管を同時に穴あけするのは今回が初めてです
センタードリルを使うのですが、このあと中々貫通できません
ドリルの方が良いかもしれません
 根気よく続けて貫通しました
ロータリーバーによる加工も慎重に行えば問題無さそうです
ナイフによる切削は問題ありません

ほぼ出来上がりました

磨きが終わりました
真黒(マグロ)といっても少し色の違う部分があります
 
あとはオイルを塗布して仕上げです

でき上りました

今回はゲマインハートの Roy Seaman LTD
というピッコロ用に注文製作しました
この楽器にはジョイントのキャップが無かったので
急遽作ることにしました
キャップ全体を木で作ることもできるのですが
接続部分とケースの枕の隙間が殆ど無かったので
金属で作ることにしました
フルート用の銀管を切って細目のチューブを作り
洋白のリングを端にロウ付けしました
 木部はワイルドオリーブウッドです


オリジナルの頭部管は高い音も問題なく出るのですが
新作頭部管もストレスなく鳴らすことができ
より吹き易い印象です

まだ3作目ですが
安心して楽に吹ける頭部管になったようです



0 件のコメント:

コメントを投稿

彫刻台バイスの改造

数年前に購入したものの 彫刻台の用途でなく回転バイスとして使用していたのですが いざ彫刻に使ってみると 抵抗感があり重くて使い難く感じました 重さは9kgもあります 洗浄して潤滑剤を塗ってみましたが ぬめーと動くものの重さを感じストレスが...